知覚過敏の症状



知覚過敏とは、虫歯でもないのに、冷たい(温かい)物、酸味の強い物を飲食したり、歯磨きをしたとき、歯に風が当たったりしたときなど、一時的に「キーーーン!!」、「ズキン!!」~(>_<。)ゝ、と歯がしみる症状のことで、一口に知覚過敏といっても原因や症状、痛みの程度は人それぞれです(虫歯が原因で知覚過敏になる場合もあります)。


 知覚過敏の症状



知覚過敏の症状としてもっとも大きな特徴なのが、「一時的に歯がしみる」ということです。


程度にもよりますが、虫歯の場合、慢性的な痛みを伴う事が多いのに対し、知覚過敏の場合は冷たい物を食べたり飲んだりしたときなどに、一時的に歯がしみるだけで、その痛みは持続しない事が多いのです。


ですので、歯がしみる症状が軽く、その症状が一時的だとしても、冷たい物を飲食したり、歯に風が当たったときなどに歯がしみれば知覚過敏の可能性が高いといえるかもしれません(症状が進むほど、温かい物までに歯がしみるようになります)。


 知覚過敏の症状が起こるメカニズム






では虫歯でも歯周病でもないのに、なぜ「歯がしみる」のでしょうか?


上記の図は歯周組織です。知覚過敏の症状が出るメカニズムは以下の通りです。


1:何らかの原因によってエナメル質(セメント質)が傷つき削れ、象牙質が露出する(知覚過敏はエナメル質がもともと薄い、またはほとんどない歯の根元部分で起こる事がほとんどです)。


2:露出した象牙質が冷たい物や歯ブラシ、風などによって刺激を受ければ象牙細管を通じて歯髄神経から脳に伝わり、「キーーーン!」、「ズキン!」~(>_<。)ゝ、といった歯がしみる症状が出る。


もちろんエナメル質が削れ、象牙質が露出したからといって常に「歯がしみる」知覚過敏の症状が出るわけではありません。


象牙質が露出している状態でも、激しい痛みを感じるときもあれば、まったく歯がしみないこともあるのです。


その時々の体調(ストレスの有無)、唾液中のカルシウム、歯髄神経の働きによって歯がしみたり、しみなかったりしますので、時々でも歯がしみる症状が出れば知覚過敏の可能性を疑ったほうが良いかもしれませんし、「たまに歯がしみるだけだから」、「激しく歯がしみるわけではないから」と、放置していると「歯髄炎」に発展するかもしれませんので注意が必要です。


いずれにしても、口の中(歯)も見ないで、レントゲンも撮らず、歯がしみるという症状だけで「虫歯だ!歯周病だ!知覚過敏だ!」ということを診察する事は歯科医にも不可能ですので、「歯がしみる=知覚過敏」だと自己判断で勝手に思っても、実は虫歯だった、歯周病だったということも珍しくないため、歯がしみるようになったら早めに歯医者さんに診察してもらう事が大切なのはいうまでもありません。


「歯がしみる」この症状こそ、『虫歯・歯周病・知覚過敏』などの歯周疾患のサインかもしれないので、歯がしみたら1日も早く歯科医の診察を受ける事をオススメします。




審美歯科でも採用する薬用ホワイトニング

歯磨きをトゥースMDホワイトEXにするだけで、歯を白く、歯周病、口臭も予防。



説明・解説

リンク集&免責事項

SNS / bookmarks

サイト更新日


平成29年8月8日

お問い合わせ


Copyright © 2008-2017 知覚過敏ガイド. All rights reserved